メルマガ購読・解除はこちら
Southern Star Cruise メルマガ >>>ブログとは一味違った各種情報を配信しております。
読者購読規約    >>バックナンバー
KOMODO LOG@Southern Star Cruise私達に出来る事(続き&完結)

PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

私達に出来る事(続き&完結)

前回のクルーズでやっとコモド村へ再訪できました。
渡しそびれていた寄贈品をやっと贈呈、お子さま達は随分と大喜び!
先生も笑みがこぼれます。

《↓先の事の成り行きはこちらのブログを確認下さい↓》
http://komodosea.blog66.fc2.com/blog-entry-61.html

その後、学校見学後、学校近くに居る???コモドドラゴン観察に先生が
案内してくれました。(案内してくれた先生はその昔レンジャーとして
働いていた経歴の持ち主)
つきまとう子供達も一緒に行くのか?と思いきや、先生が厳しく・・・
「ついて来てはいけませんっ!」(私的には 子供は調子に乗るから” 駄目と
言っているんだな?と思っていたのですが)実はこの6月に小学2年生の子が
コモドの被害に遭い亡くなったそうで、それで先生方も注意しているとの事
・・・なんとも、なんとも・・・。


【ここで一言:コモドにいらっしゃる皆様へ”】
昼間、ノタァ?”&ベタァ?”としているコモドですが、油断してはいけません!
「やる時はやりますっ!」って言うのがコモドです。
また食べ物の臭い、血の臭いは敏感で、一度スイッチが入ると狂食状態に至り
そしたらもうどうすることも出来ません。
コモド観察ではレンジャーとSSCネイチャーガイドK氏の言う事を良く聞いて
ご注意下さい。


帰る際は途中まで先生が送ってくれました。
(勿論子供達はボートの中?まで・・・)先生に亡くなった子供のお悔やみを
言っても仕方なく、今を精一杯生きている子供達に心の中で「おまえら頑張れ!
次はノートと鉛筆持ってくるからなっ!」と誓いつつ、口からは「おまえら
しつこいっ!こらっ服引っ張るなっ!駄目だそれはやらねーぞ!あっお客さん
帽子・帽子っ!だからボールペンは無いって!あ?煩い、うるさぁ?いっ!」
と言っておりました。(一緒に行かれた皆様、実はあの時そんな事をネシア
語で言っておりまた、ハィ?)

なにはともあれ、寄贈品を贈呈、今回初訪問のお客様の感想は「・・・・・・
・・・・・・・・・・・・よい勉強になりました」でした。sc06

20070822212728.jpg

| INFO | 21:56 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2007/08/27 12:46 | | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://komodosea.blog66.fc2.com/tb.php/70-9bcfef73

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。