メルマガ購読・解除はこちら
Southern Star Cruise メルマガ >>>ブログとは一味違った各種情報を配信しております。
読者購読規約    >>バックナンバー
KOMODO LOG@Southern Star Cruise7月17-22 コモド ダイビングクルーズ 報告その2

PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

7月17-22 コモド ダイビングクルーズ 報告その2

今回のクルーズはゲストも少人数だった為、久しぶりに指示棒とスレート
から離れるお時間を頂き広角メインに写真を撮らさせて頂きました。
前回の水中撮影クルーや鍵井氏フォトクルーズゲストの皆様を羨みやっと
欲求不満解消の如くバシバシ撮りまくりました。(^_^;A

所で前回ブログのマンタの写真を見た某Kimさん?から「マンタはどこで
もいるで~もっとコモドらしい写真を載せにゃあかんでー!」と指摘を受
け「マンタリバーは他では見れんと~・・・写真にはリバーが撮れんかっ
たけど・・・ブツブツ・・・」と反抗を試みましたが無視されよって本日
こんな写真をUPさせてみました。
batubolongブログ用

ここはリンタ海峡中のポイントにてダイビングは潮下の流れの影響を受け
にくい島影でエントリーします。 島は自体は小さくリーフも狭いのです
が、島周りが数百mの深場となるため潮流と島の地形によるダウン&アッ
プカレントが生じ深場の養分が全域に入り混じるエリアとまります。
よって此処では多種の珊瑚が生息しやすい場所となるのですが、大変流れ
の影響を強く受ける海峡中である事から根付ける珊瑚の種が制限されます
参考迄に上記写真では小振りのテーブル珊瑚が多く見受られます。

まだまだコモドには素晴らしい所がございますが、本日のご紹介はこんな
所で・・・Kimさんだけでなく、皆様の感想もお待ちしております。

| コモド クルーズ | 14:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://komodosea.blog66.fc2.com/tb.php/251-fa6b5da9

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。