メルマガ購読・解除はこちら
Southern Star Cruise メルマガ >>>ブログとは一味違った各種情報を配信しております。
読者購読規約    >>バックナンバー
KOMODO LOG@Southern Star Cruise2010 1st~3rd ラジャアンパットクルーズ まとめ!

PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

2010 1st~3rd ラジャアンパットクルーズ まとめ!

ラジャアンパット三航海終了し今回思った事は相変わらずの魚影の濃さや環境の良さを再認識した事です。
この海は訪れるダイバーはある程度他のメジャー所ダイビングエリアを潜り尽くしたダイバーの方々が多いのですが、その方々をも唸らせる魅力所満載の海である事は確かです。
マンタ1枚にしても、此処のグレートマンタを一度見てしまえば、他が物足りなくなるでしょうし、この海なら何処にでも居る多種のピグミーシーホース(バルギバンティ、デニス、ゴルゴニアン、ポントヒ)からタッスルドウォビゴン(カーベットシャーク)、またラジャエポーレットシャーク(ウォーキングシャーク)を始め、バタンタドティバック、エビオータラジャ等の多数エンデミック(固有種)の数々、あげてゆくだけでもきりがありません。

ロケーション、ポイント的にも同じ所は無く、飽きさせない海ではありますが、中でもパッセージと呼ばれるカブイ海峡は特質的な所で、今迄のダイビング常識を打ち破る場所とも言えるでしょう!

これらの魅力をどのように皆さんへお伝えすれば良いのか?難し所ですが、是非興味の有る方は4月2?4日のマリンダイビングフェアへいらして頂ければ弊社ブースにて映像にて紹介しております。

とにかく、今回のラジャアンパットクルーズもラジャの懐の広さ”と素晴らしさ”を見せつけられたクルーズでした。

| ラジャアンパット クルーズ | 16:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://komodosea.blog66.fc2.com/tb.php/197-cc022f99

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。