メルマガ購読・解除はこちら
Southern Star Cruise メルマガ >>>ブログとは一味違った各種情報を配信しております。
読者購読規約    >>バックナンバー
KOMODO LOG@Southern Star Cruiseコモド クルーズ

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

10月30-11月4 コモド ダイビングクルーズ報告

さあさあ、コモド2011年シーズン最後を飾るクルーズは、なんと
ビックなプレゼントを今年もコモドの海から頂きました! m(_ _)m

クジラ水面

クジラ修正済

毎年9月、10月にはコモドの海から何らかしらのご褒美を頂く弊社
以前もブログで紹介しておりますが、今迄ジンベイ(はちょくちょく)
マンボウ、シャチと来て今回はクジラでした。 お客様も大喜び!
コモドの海”本当にありがたい事でございます。 m(_ _)m

さて新たなポイントも紹介です。『1ダイブまるまるカエルアンコウ』
オオモン、クマドリ、ちょくちょくヘアリーも登場するポイントです。
(ちょっとマニアックすぎますね~どうでしょうか?・・・ (^_^;A
カエルアンコウ
でも、歩く&ジェット水流?で泳ぐ姿は愛らしく僕らの心をくすぐります!

どんなもんですか~?コモドの海は・・・TVの激流のイメージが先行しま
すがそんな事はございません! 僕らにおかませを・・・決して期待を裏
切らないのがコモドの海です。

来シーズン(2012年4月~)の弊社コモドクルーズを再びお楽しみに~!
スポンサーサイト

| コモド クルーズ | 23:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

10月23-28 コモド ダイビングクルーズ報告

今回のクルーズは新月(大潮)廻り、こんな時に狙うのは勿論ロウニンや
カスミの群れによる捕食シーン!
キャステルロック5
この模様は9月の大潮時にもブログで紹介しております。

それからマンタが群れるマンタリバーに加えてこの時期ならではのイレズ
ミフエダイの群れ等見所満載です。

ナイトは「スペシャルディープナイト」と称して深い場所のナイトでは無
く、深い場所から訪れる魚達をお楽しみに頂ける訳です。(弊船のナイト
は夜20時からですので、お酒の力に負けてしまわないないように注意が
必要ですが・・・)
DSC_2436修正済

他にもニシキテグリのメイティングは勿論「ピクチャードラゴネット」も
スノーケリングで見られたりもしちゃいますよー!ねっN村さん。

と、言う事で本日はこの位で~・・・

| コモド クルーズ | 18:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

9月25-30 コモド ダイビングクルーズ報告

今回のクルーズは新月廻りクルーズと言う事で、既にイレズミもギリギリ
アウトですが、新月廻りはダイバーが素晴らしい出会いを得られる機会で
ある事も事実、ワイドからマクロ(超マクロ迄・・・内緒)迄楽しんでい
ただけます。
さぁ、こちらの写真は今回も乗船頂きました写真家の大方さんの写真より
クマササ&ダイバー
クマササ玉になって、ロウニンやカスミの大群から身を守っておりました。
残念ながらカスミの大群編隊写真はお預け・・・その他ギンガメアジやら
ツムブリやら、グレイリーフも間近で出現です。

もちろんマンタもいたると所で出現となる訳です。(モブラもね・・・)
大方マンタ2
こちらは「Manta valley」別名 Manta volley との異名も得る所!
今年このポイントは当りが多く永遠とマンタが溢れ流れるマンタリバー
体験をされた方も多かったと思います。

大方マンタ
こちらは別ポイント、流れの溜まり場で数匹が捕食状態、永遠とマンタを
観察(勿論ブラックも常連です!)

コモドのクルーズはこんな感じは触りで、大や小は勿論の事、それ以外に
此処でしか見られない数々の生物と景観を楽しんで頂きます。今回の皆さ
んもコモドの水中絶景を堪能頂きました。(ラストポイントは特に浅瀬な
んですよ~・・・ね~っ谷○チームの皆さん!)

☆☆今回の海況☆☆
[北ポイントエリア]
天気 :晴天なり~
水温 :±27℃
透明度:+23m

[南ポイントエリア]
天気 :晴天なり~
水温 :±23℃
透明度:+15m
参考:南ポイントではウミウシも多種出現!ウミウシ好きさんの頭を悩
ましてばかりでもございました。

| コモド クルーズ | 13:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

9月18-23 コモド ダイビングクルーズ報告

今回のクルーズより再び大方プロカメラマンに2クルーズ乗船頂き毎晩
撮られた写真を見、また飲みながら夜は更けて行く訳ですが・・
今回はイレズミフエダイ予測クルーズにて、毎年ハズレ無しでここ迄き
ており、さて今回は如何なものか?
でも勿論弊船は外しませんよ!・・・では先生”お願いします!(って
どこかの用心棒のような呼び出し方)今回は大方さんよりイレズミフエ
ダイの写真提供を頂きました。

DSC_5376.jpg
今年はいい群れ具合で産卵的雰囲気を漂わせておりました。

続きまして今回のクルーズでは新ポイントを2カ所加え皆様をご案内!
こちらの写真は、その一カ所「原色のコモド!」そのままの雰囲気を漂わ
せる大変美しいポイントです。

ギリラワチャネル1 (1)

ロウニンのクリーニングをはじめ、マンタもちょくちょく現れるポイント
で、今回もマンタやモブラ出現!大変面白い所です。
まだまだオリジナルポイント満載の弊船です。どうぞお楽しみに・・・

☆☆今回の海況☆☆
北ポイントエリア
水温 :±28℃
透明度:±23m
南ポイントエリア
水温 :±23℃
透明度:±15m
参考:う~ん・・・南側いい冷え具合です。

| コモド クルーズ | 08:10 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

簡略クルーズ報告!アップ出来ずゴメンナサイ m(_ _)m

皆さんご無沙汰しておりました。 色々とバタバタしておりましてクルーズ
報告がアップ出来ておりませんでした。ここで簡略クルーズ報告致します。

     ☆☆8月28-9月2 コモド クルーズ☆☆
クルーズは18名の賑やかなクルーズでした。
また今回予定に無いKimちー乗船に、乗船ゲストのKimちーファンは大喜び!
Kimちーファンの間では、誰が元祖ファンなのか?モメモメ!そんなゲスト
の姿を見たガイドKは寂しそう・・・夜な夜な枕を泪で濡らしたそうです。
そんな事より海でしょ・・・海はどうだったか?
Kimちーファンは海よりもKimちーが居ればそれで幸せだったと思いますが
勿論コモドの海は今回も期待を裏切らなかった事は言う迄もありません!

     ☆☆9月4-9月9日 コモド クルーズ☆☆
今回はチャータークルーズにてSDCの皆様に乗船頂きました。
紳士淑女の面々にて日本発のフライトトラブルに見舞われつつも皆さん落ち
着いたご様子で笑顔で到着、ダイビングクルーズは1日遅れのクルーズとな
りましたがコモドの海を満喫して頂きました。
今回は大方カメラマンも特別同行、その日に撮られた水中写真を見せて頂き
クルーズの夜にも花が咲きました。
皆さん元気にクルーズを堪能、最近の若者達にもこのパワフルな勇士を見て
頂き頑張ってもらいたい今日この頃andあまりSDCの皆様と年齢的な開きを
感じなくなってきたガイドM、との事です。 (^_^;A

| コモド クルーズ | 10:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

8月21-26 コモド ダイビングクルーズ 報告

さー・・・今回のクルーズは、最近噂の耐えないマンボウ君の出現です!
マンボウ+マンタのスクランブルシーンを1回のダイビングで見たのは男
組1チームのみ!マンタのスクランブルは見られても、マンボウには皆さ
んやられましたね!(笑)

知らない方も多いと思いますが、実は以前にもマリンダイビング誌で紹介
されておりますが、コモドはマンボウもちょくちょく出るんですよ!
今年の南側は中々良い冷え込み具合となっおりますから遭遇率もアップし
ております。(でも保証はしませんよー (^_^;A

さて、今回レア生物も南ポイントで出現!意外と皆さんスルーでした。笑
DSC_1118.jpg
Rhinopias sp / ボロカサゴ

☆☆今回の海況☆☆
北ポイントエリア
水温 :±28℃
透明度 :±23m
南ポイントエリア
水温 :±23℃
透明度 :±15m
注意:南ポイントでは「フード付きベスト」があるとベストです。
特にこの時期冷えますから・・・なら、そんな所に行くな!って感じ
でしょうが、弊社のクルーズに乗船されていたら分かるはず、このポ
イントしか見られない生物と水中環境が広がっております。寒さ以上
にコモドの魅力が詰め込まれた南のポイントを是非お楽しみに下さい。

| コモド クルーズ | 22:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

8月14-19 コモド ダイビングクルーズ 報告

今回は日本の盆時期と言う事もあり2船体制でクルーズを催行しました。
1船はご存知Kimちー&ロバート組が担当、もう1船はガイドK&シャム+
αガイドが担当しました。

今回はモブラの群れよかったですね!最終ダイブではウシバナトビエイの
群れにも遭遇など、色々な出会いがございました(ガイドK&シャムGRP)

Kimちー&ロバートチームはこの時期乗船頂けるご家族の天使ちゃんに皆
ニコニコ翻弄されていたのでは・・・笑
またガイドKがお邪魔した際にはオヤジ丸出し酔っぱらい!にてお許し下
さいませ。 (^_^;A

今回はどちらのチーム共にマンタダイブは浅くて透明度の良いマンタ牧場
にてのんび~りダイビング!数多くのマンタやブラックマンタを堪能頂き
ました。勿論イルカ君もファミリーで登場!
コモドとラジャがホームグラウンドにて外しませんぜー!是非皆さんの乗
船をお待ちしております。

☆☆今回の海況☆☆
クルーズ初日来たエリアでは少々北西の風の影響を受け、南エリアでは少
々南東からの風の影響を受けました。
北ポイント:水温±28℃
:透明度±23m
南ポイント:水温±24℃
:透明度±13m
南ポイントが少々きております。底では23℃、フード付きベストがあれ
ば最良です。(僕は勿論ロクハンです (^_^;A

| コモド クルーズ | 06:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

8月7-12 コモド ダイビングクルーズ 報告

さてさて8月の連続クルーズの開始です!
今回のゲストは19名、コモドの特徴的ポイントをくまなく廻るルート
でコモドのダイビングを堪能頂きました。
今回のマンタも群れている場所にはちゃんとおりゲスト皆さん超大接近!
加えイルカ親子も2カ所で出現”サービスポーズ付(^_^)、勿論ロウニン
のクリーニング&捕食シーンやらコモドの固有種コモドカーディナル、
ニシキテグリのメイティングシーン迄バッチリ!でした。

所で今回のスペシャルゲストは珊瑚専門写真を撮家の長島さんが乗船!
今回撮影された珊瑚の写真をダイジェストで紹介頂き、夜の宴会に花を
添えて頂きました。(長島様、誠にありがとうございました!)
これらの写真は長島さんのHPにも紹介されるようです。HPはこちら↓
生命のサンゴ礁 長島敏春

あ、そうそう今回のクルーズとお盆のクルーズには特別ヘルパーガイド
Kimチーが乗船しておりますよー!この時期に乗船出来なかったファン
の皆様!残念でした。次回をお楽しみに・・・

☆☆今回の海況☆☆
もーまったく凪!
北ポイント: 水温±28℃
透明度±23m
南ポイント: 水温±24℃
透明度±13m
注意:コモドはサバンナ気候ですから特に夕方やナイトダイビング後
肌寒さを感じますよー、南緯8度の南国と言えど一応南半球にて現在
こちらの季節は冬(日中31℃前後ですが)現地の人も風邪を引く時期
です(笑)。

| コモド クルーズ | 17:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

7月17-22 コモド ダイビングクルーズ 報告その2

今回のクルーズはゲストも少人数だった為、久しぶりに指示棒とスレート
から離れるお時間を頂き広角メインに写真を撮らさせて頂きました。
前回の水中撮影クルーや鍵井氏フォトクルーズゲストの皆様を羨みやっと
欲求不満解消の如くバシバシ撮りまくりました。(^_^;A

所で前回ブログのマンタの写真を見た某Kimさん?から「マンタはどこで
もいるで~もっとコモドらしい写真を載せにゃあかんでー!」と指摘を受
け「マンタリバーは他では見れんと~・・・写真にはリバーが撮れんかっ
たけど・・・ブツブツ・・・」と反抗を試みましたが無視されよって本日
こんな写真をUPさせてみました。
batubolongブログ用

ここはリンタ海峡中のポイントにてダイビングは潮下の流れの影響を受け
にくい島影でエントリーします。 島は自体は小さくリーフも狭いのです
が、島周りが数百mの深場となるため潮流と島の地形によるダウン&アッ
プカレントが生じ深場の養分が全域に入り混じるエリアとまります。
よって此処では多種の珊瑚が生息しやすい場所となるのですが、大変流れ
の影響を強く受ける海峡中である事から根付ける珊瑚の種が制限されます
参考迄に上記写真では小振りのテーブル珊瑚が多く見受られます。

まだまだコモドには素晴らしい所がございますが、本日のご紹介はこんな
所で・・・Kimさんだけでなく、皆様の感想もお待ちしております。

| コモド クルーズ | 14:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

7月17-22 コモド ダイビングクルーズ 報告

さて今年の海の日絡みのコモドクルーズは大変な少人数でのクルーズとな
りましたが、天候も良く、そして「Manta Valley」では『マンタリバー』
も外す事無く、色々な意味コモドの海を堪能したダイビングとなりました。

さて今回のお客様にリクエストを伺った所「やっぱりマンタが見られれば&
ブラックマンタを見たい!」との事で今回の潮周りからすると唯一2日目が
「Manta Valley」にて『マンタリバー』となる可能が高くご案内しました。
元々このポイントは弊社のオリジナルポイントにて今回も弊船のみ(知られ
て無いのが笑えるのですが)そんな中、予測も大当たりでマンタに大接近!
(GWの100枚UPとは行きませんが)最初から最後迄の約60分マンタ
リバー的マンタを堪能しました。

マンタとゲスト

近くの違うポイントでマンタ数匹を追いかけている6、7船、毎度の事な
がら「こっちへおいでよ!」と言いたくなるのと、ゲストに良く言われる
「このまま内緒にして荒らされないようにしてくださいね!」との言葉を
思い出し複雑な気持ちとなる今日この頃です。

===今回の海況っ!===
北エリア:天候:晴れ
気温:(±)29℃/風向:南東
  透明度:(±)20m
水温:(±)28℃
南エリア:天候:晴れ
     気温:(±)27℃/風向:南東
    透明度:(±)13m
     水温:(±)25℃
*今年は本当にマンタ当り年の様相を呈しております・・・。

| コモド クルーズ | 13:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。